Winery Profile

■Kisvin Winery キスヴィンワイナリー 沿革
hN9qnfPNk4fzNrJG-ES1pAP8MHjbu9Xku2PAzz8CQ3s

2001年
山梨県甲州市塩山のブドウ農家3代目、荻原康弘(おぎはら・やすひろ)が、父、登より家業を継ぎ葡萄栽培を専業とする。
2002年頃よりワイン用ブドウ栽培に着目。高品質な醸造用ブドウの栽培を将来的な事業の重点項目と位置付ける。

2005年 
池川仁(池川総合ブドウ園、『キュベ池川』などのブドウ栽培者) 西岡一洋(東京大学大学院 特任研究員)らとともに醸造用ブドウの勉強会グループ「Team Kisvin チームキスヴィン」を立ち上げる。同時にワイン用ブドウの栽培とその規模拡大に着手する。

2008年
シャトー酒折に向けワイン用ブドウを販売開始。
シャトー酒折よりKisvin Koshu 2008を発売。

2009年
農業生産法人 株式会社Kisvinを設立。

2013年
自社醸造施設 Kisvin Wineryを建設し、ワイン醸造を開始。

2014年
ワインの販売を開始。

■栽培管理
-jiRSw87Q1_94vobVLji_78xMdGzBEfDChlGztfErMs

栽培面積 5ヘクタール
山梨県甲州市塩山、および勝沼地区   

光合成、植物ホルモン、樹体流、根域/葉面積バランスの保持等、ブドウの生育に関する植物生理学の概念が私たちの栽培管理の中心です。
また科学的な見地に立ち、土壌分析装置での細かな分析をもとに土壌、施肥管理を行い、草生栽培(土の耕起を行わない)による圃場管理を実施しています。
高品質のブドウが出来さえすれば、醸造とはシンプルかつ平易なものである」という考えの下、醸造家自らも日常的に畑へ出向き、スタッフと連携しつつ栽培管理に加わっています。特に収穫時期には果実の成分分析を細かく実施、ブドウの適熟期に収穫を行うことを第一としています。

■醸造管理
ワイナリーの設備

醸造施設内では、ブドウの品質をワインに反映させるべく徹底した機材のサニテーションを実施。ブドウの状態、ワインの発酵と熟成を見極め、最高の状態とタイミングでボトルに詰めることを品質管理の信条としています。
古きに倣い、各国で培った経験を生かし、かつ日々発展する技術や醸造法についての勉強を欠かさず、研鑽を積み続けています。

醸造責任者 斎藤まゆ(さいとう・まゆ)
RGthJbQgbad7pZLDn5f_NXseyoav1l__Af_ybtqNHUM

昭和55年生まれ 早稲田大学在学中に日本でのワイン造りを目指し、同大学を中退。カリフォルニア州立大学でワイン醸造学科卒業後、成績優秀により同校ワイナリーの醸造アシスタントに抜擢。現地学生の指導にあたる。その後はドメーヌ・ジャン・コレ、ドメーヌ・ティエリ・リシュー(いずれも仏ブルゴーニュ)などで研鑽を積み、平成25年よりKisvinワイナリー醸造責任者。近年では『ワインの真実』(ジョナサン・ノシター著)「訳者あとがきにかえて」執筆など。

■商品案内
Hxwk76blfwCVUOYEIaxgFzBCvjkh6hkJWJrSNsCIktY

[白ワイン]
Kisvin Koshu 2014(キスヴィン甲州)
Kisvin Chardonnay 2014(キスヴィン シャルドネ)[sold out]
Kisvin Blanc 2015(キスヴィン ブラン)

[ロゼワイン]
Kisvin rose 2014(キスヴィン ロゼ)
Kisvin WhiteZinfandel 2014(キスヴィン ホワイトジンファンデル)[sold out]

[赤ワイン]
Kisvin Rubis 2014(キスヴィン ルビー)

[スパークリングワイン]
Kisvin Koshu sparkling 2014(キスヴィン甲州 スパークリング)